2017年09月08日

透析患者さんの便秘

今回は多くの透析患者さんが悩まされている便秘についてのお話です。
〜こんな症状は便秘です〜トイレ.png
・4日以上便通がない
・毎日排便があっても便が出にくい
・便がカチカチに硬い、ウサギの糞のようにコロコロしている
・残便感がある

     2〜3日に1度でも程よい硬さの便がトイレ2.png
    スッキリ出ていれば便秘ではありません

〜なぜ多い透析患者の便秘〜
・飲水制限
・食物繊維の不足
・腸内細菌の乱れ
・薬剤の副作用
・糖尿病
飲水制限.png

食事量の低下、運動不足なども原因になります
食事や飲水制限のある患者にとって便秘を治すのは至難のわざですが日常生活の一工夫で改善したり、下剤の量を減らすことができます

〜便秘を治すポイント〜colon.png
・食生活を改善しよう
 少しでも食物繊維が多くカリウムが少ないものを選ぶ
・トイレを我慢しない
 我慢を繰り返すと次第に便意を感じにくくなります
・朝食後にトイレへ
 決まった時間特に朝食後は、胃腸が強く動き排便が起こりやすい
・起床時に少量の冷たい飲み物を牛乳.png
 特に牛乳は下剤効果が期待できます(乳製品はリンも高いので1日の摂取量を考慮して)
・自分の排便ペースを知ろう
 便意が起こりやすい時間を把握し、ゆっくりトイレに座る習慣(力みすぎると痔の原因となるので注意)
・適度な運動とマッサージで腸に刺激を!体操.png
 腹筋が弱いと便を押し出す力が低下します

食物繊維.png


食生活の改善
  1、食物繊維を多くとる
  2、食事量の低下を防ぐ
  3、規則正しい時間に食事を摂る
  4、油脂を摂る(適度な油脂は便の滑りをよくします)
  5、適度の香辛料や酸味類、アルコール、炭酸飲料を摂る


  それでも改善しない時は下剤の処方や変更などスタッフへご相談ください
  おなかのマッサージも効果的です。
【関連する記事】
posted by じんたろう at 09:40| Comment(0) | 便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

カリウム増刊号

カリウムってなに?
カリウムは、人体に必要なミネラルの一種です。
K.pngカリウムの働き
・心臓や筋肉の機能を調整する。
・細胞内に水を溜め込む。
・さまざまな代謝を補助する。
・ナトリウムの排泄を促す。

カリウム不足K不足.png
全身の脱力感が襲ってくる夏バテもカリウム不足が原因の一つです。
健康な人は汗と尿でたくさんの水分と同時にカリウムも発散してしまうからです。
筋肉のつり(クランプ)なども考えられます。

K注意.png透析患者さんは腎臓の機能が十分でないため、本来は尿中に排泄されるはずのカリウムが血液中に蓄積してしまいます。野菜や果物を無防備に食べ過ぎると血液中のカリウムの濃度が高くなります。
高カリウムになると脈が乱れ、動機、味覚異常、だるさ、手足の重い感じ、足、唇のしびれ、便秘、下痢などの症状が現れます。
不整脈や心停止などの生命にかかわる重大な原因になり大変危険です。
カリウムはほとんどの食品に含まれています。
特に今、一番おいしい夏野菜や果物、お肉、魚、乳製品に多く含まれています。
  
*正常値 3.3〜5.5mEq/L野菜と白衣.png
*5.5mEq/L以上⇒神経や筋肉に関する症状の出現
*7.0mEq/L以上⇒不整脈を誘発し突然死の危険

*検査結果を日頃より把握しましょう。

検査値が高くて自分の食事内容に対して食品中に含まれているカリウムの値を知りたい時は、スタッフに声をかけて下さい。

カリウム値が上がる原因は他にもあります。
○ 感染、発熱・・・細胞が壊れ細胞内のカリウムが血液中に出てくるため
○ 透析不足、便秘(日頃からの排便コントロールが必要)、消化管出血など

意外と知られていないカリウム
野菜や果物はチェックしてもお菓子やジュースや飲み物は以外とノーチェックかも?
ポテトチップスはジャガイモでできているのでカリウムが多く含まれています。リンも塩分も高く透析患者さんには恐怖の食べ物です。「野菜や果物には気をつけているのに」と思っている患者さんもう一度、間食に注目してみて下さい。カリウム軽減に役立ちます。
お菓子.png

ポイント (カリウムは、量が問題)パフェ.png
1日の摂取量は2000mgです。
 りんご(中)1個 カリウム 約320mg
 柿(大)1個 カリウム 約360mg
 桃(大)1個 カリウム 約480mg
 ポテトチップス 1袋 85g カリウム 約800mg
 チョコレート 小2カケ 8.5g カリウム 約40mg
 牛乳 100ml カリウム 約160mg
・カリウムの多い食事がかさならないようにしましょう。
・便からカリウムは5〜10%排泄します。毎日の排便を習慣にしましょう。♪♪♪♪
posted by じんたろう at 00:00| Comment(0) | カリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

透析患者さんの塩分と水分

透析患者なぜ塩分を取りすぎるとよくないの?
塩分を多く取りすぎるとナトリウムが体の中に溜まってのどが渇き、水分を多く取ってしまいます。透析患者さんは、塩分や水分を透析によって体外に出すため過剰な水分は、体重増加の原因となります。体重増加により起こる高血圧は心臓への負担を増大させ浮腫にもつながります。

かき氷.png体内に入る1日の水分量=IN
食事の水分:800〜1000ml
代謝水:300ml(食物が体内で燃えたときにできる水)
飲水量(   )ml                

おやじ.png体外に排泄される水=OUT
尿量:(   )ml
便:100ml
不感蒸泄:500ml(呼吸や汗、皮膚から出ていく水)
透析除水量(   )ml

★(  )に数字をあてはめて自分のIN・OUTを知り
1日の飲水量を計算してみましょう!

体外へ排泄される水(ml)―(800〜1000ml+300ml)=1日の飲水量

水分摂取のポイントcoffe.png
お茶を飲むときは熱くして少量を飲む。
小さめの湯のみ、茶碗、コップなどを使用する。
食べ物にも多く水分が含まれているため、汁物や、麺類、鍋物は極力さけましょう。
  尿量(汗などの量)+ 500ml
       を1日の水分摂取量の目安とします。
果物ライン.png

塩分摂取のポイント
塩分8gで約1リットルの水分(体重)が増えてしまいます。
塩分を薄めるために体が水分を吸収するからです。
透析患者さんは、1日約 6g未満 を目安とすることが重要となります。
調味料は目分量ではなく、計量スプーンを利用する習慣をつけましょう。
また、塩分は保存をきかせるため加工食品に多く含まれています
計量匙.png

posted by じんたろう at 09:35| Comment(0) | 塩分・水分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする