2018年07月21日

透析患者さんの熱中症対策

普通の熱中症対策:《塩分・水分をしっかり摂取する》と《暑さを避ける》が基本ですが、

透析患者さんは…

説明図.png

nurse.png

塩分と水分が同時に摂取できるという理由ではスポーツドリンクは有効ですが、透析患者さんは塩分の過剰摂取につながるので下痢・嘔吐・多量の発汗がないのであればあまり飲む必要はないようです。

何よりも予防が大切です。炎天下を避け暑さを我慢せずクーラーを使いましょう。

脱水・熱中症と思ったら自己判断せずクリニックに電話してください。




熱中症の際のポイント

暑さに負けない

基礎体力」をつけましょう    

バランスのとれた食事十分な睡眠を心掛け、普段から適度な運動で体づくりをしておきましょう。

気温」や「熱中症指数

をチェックしましょう 

その日の気温や熱中症指数の確認を習慣づけましょう。


水分や塩分の摂りすぎに

注意しましょう

猛暑であっても、水分や塩分の摂りすぎには気をつけましょう。

水分が摂りたくなった時には、

@   まず涼しい場所に移動し、冷却グッズなどで体を冷やします

A   水分を摂るときにはがぶがぶ飲まず、少しずつ、ゆっくり飲むのがポイントです。

また、うがいをして口内を水分でうるおしましょう。

B   氷を一個なめるのも工夫の一つです。

C   水分を摂りすぎて心不全や肺うっ血にならないように気をつけましょう。

体重や血圧をこまめに測って管理しましょう

暑いと水分の摂取量が増えてしまいますので、体重をこまめに測定しましょう。また、汗をかくと血圧が下がることがあります。毎日欠かさず血圧を測定し、記録しましょう。

屋外だけではなく

室内の温度は適温かどうかチェックしましょう。

室内にいても、エアコンや扇風機を使って室内の温度を適度に下げましょう。「設定温度28度以下、湿度60%以下」が適温とされています。猛暑では過度な節電は控えて、我慢せず空調機器を使うことも大切です。

屋外の運動や炎天下での

活動は避けましょう

透析患者さんは体温調整が難しくなっている方が多くみられます。気温が上がった屋外に長時間いるのは危険です。

@   暑い中、屋外で運動や活動をするのは避けましょう。

A   屋外の運動は早朝・夜間などの涼しい時間に行うか、運動は室内で行うようにします。

B   帽子をかぶる、日傘を差す、日陰に入るなどの工夫を忘れずに。

快適な服装を心掛けましょう


身につける衣類は、綿や麻などの通気性のよい生地のものを、下着は吸収性・速乾性の優れた素材のものを選びましょう。長袖を着る時には生地が薄いものを選ぶなど、薄着にして熱がこもらない工夫をしましょう。

冷却グッズを活用しましょう

脇の下や首回り、太ももの内側を冷やすと体温がさがりやすくなります体を冷やすのに使う冷却シートや氷枕を活用する、ぬれたタオルを首に巻く、冷たいペットボトルを当てるなどの方法があります。いろいろな冷却グッズも市販されていますので、自分にあったものを試してみるのもいいですね。うちわや扇子なども役立ちます。

シャント管理に気を付けましょう

夏は空調で冷房が効きすぎていることもあります。シャントカバー等でシャント部分を保護しましょう。冷やしすぎると、動脈血管が縮み血液の流れが悪くなりシャントが詰まってしまうことがあります。

posted by じんたろう at 17:16| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

シャントトラブルについて

シャントとは?

近道とかバイパスという意味で、手術によって動脈と静脈をつなぎ動脈から直接静脈に血液を流すことをいいます。これにより、透析の治療で必要な血液の流量を得ることが出来ているのです。今までは、内シャントと言っていましたが、現在は動静脈瘻(AVF)と呼びます。

シャント感染に気をつけましょう!!

夏は汗をかきやすくシャントの針穴より菌が入り込んでシャント感染を起こし易くなります。感染すると、血管や穿刺部の痛みやシャント肢が赤くなったり腫れることがあり、ひどくなると血管が破裂して大出血したり、菌が全身をめぐり高い熱が出て、命にかかわる敗血症を引き起こしてしまいます。

シャントのチェック3ポイント!

  • 見る 腫れたり赤くなったりしていないか? 血管はよく膨らんでいるか?聴診器.png
  • 聴く 毎日聴診器でシャント音を確認する

「ザーザー」という連続音が良い 「ヒューヒュー」という高音は狭窄を考える

「シャッシャッ」という断続的な音は閉塞の危険性がある

  • 触る シャント血管に触れてスリルを確認する

良好なスリルでは血管が柔らかく触れる

シャントトラ.png

シャントをながく使うためには

@毎日、シャントの流れを確認すること!!!透析.png

・聴診器や自分の耳にあて、シャントの音を聞く。

・流れが弱い時には血圧を確認し安静にする。

・シャント部の血管が硬くなったり、痛みがでた時は、即病院に連絡する。






A体重の増え過ぎには注意!!!

・増加体重、除水が多いと透析後の血圧が低下し血流量が減り、シャントが閉塞してしまいます。体重計.png

・透析後は血液が濃くなり血栓ができやすくなります。血栓ができると血圧が回復しても再手術が必要になります。




荷物.pngBシャント側の腕を圧迫しないこと!!!

・バックや重たい荷物を腕にかけない。

・就寝中に体の下にしたり、腕枕をしない。

・腕時計をしたり、袖口をしめつける衣服を着用しない。

・血圧を測らない。

・透析後の止血バンドは透析後1時間ではずす。



シャントは透析にはなくてはならないものです。

日ごろから見て、聞いて、触って

清潔を保ち、傷つけないように気を付けましょう。

posted by じんたろう at 16:16| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

血圧低下時の対応

血圧低下時の対応についてお話します。

☆血圧低下の原因★ketuatukei.png

透析時:除水が進むと体液量(循環血液量)が減少し血圧低下が起こりやすくなります。

さらに痩せたり太ったりしてドライウェイトがその患者様に適切でないと除水しすぎてしまうことになるため血圧が急激に低下します。

またダイアライザーを変更することでも血圧低下がみられることもあります。

その他:高齢者や糖尿病がある方、心機能が低下されている方、低栄養状態の方などにもよく出現します。

    アルコール摂取・入浴時や入浴後なども起こりやすいため注意してください。


☆症状☆

初期症状・・・欠神(あくび)、動悸、吐き気、倦怠感、冷や汗、便意や尿意などが出現します。

※透析中このような症状が出現したらすぐにスタッフへお伝えください。

重篤な場合にはショックが起こり生命にかかわってきます。


透析治療.png

予防

@透析間の塩分水分を控え透析中の総除水の量を少なくすることが大切です。目安としては 1日空きでは3% 2日空きでは5%です。

(具体的な体重はスタッフにお尋ねください。)

A自宅で一日一回は体重測定を行い体重変化を把握してください。

B透析時間をできるだけ長く確保し除水スピードにゆとりを持たせゆっくり引いていきます。

C血圧低下が続くようであればドライウェイトが適正なのかスタッフと一緒に検討していきましょう。

D透析前に血圧低下予防のため昇圧剤(アメジニウム・エホチールなど)投与の検討をしましょう。


💉自宅での血圧低下時の対応💉

  • 昇圧剤(アメジニウム・ドプス・メトリジン)がある方は内服する。
  • ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクを100ml〜200ml程度摂取し水分・電解質を補う。
  • 体を横にして布団などを丸め足の下に置き足を心臓よりも高くし安静にする。

それでも改善なければかかりつけの病院に連絡してください。スタッフ.png

※屋外などで急な立ちくらみやふらつきを感じた際は意識消失・転倒の恐れがあるためすぐにその場で座り症状が落ち着くまで立ち上がらず休まれてください。立ち上がる際はゆっくり無理をしないようにしましょう

posted by じんたろう at 11:10| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする