2019年04月13日

外食の工夫

外食や弁当ではどうしても塩分・カリウム・リンの摂取量が多くなってしまいます。

今回は摂取量を少なくする工夫をお話しします。

外食時に塩分摂取量を少なくする工夫

注文時の工夫:「薄味にして下さい」や「こしょうのみで焼いて下さい」など味付けもオーダーしましょう。頼むと対応してくれるお店もあります。

味の加減や材料がわかるメニューを頼みましょう。ドレッシングやマヨネーズが付く場合は、注文時に別の器に入れるように頼めば自分で調整することが来ます。外食する時は家庭では一切食塩を使わないなど計画的に食塩管理を行い減塩しましょう。

menu.png

メニューごとの工夫:自分で塩分の加減ができるメニューを選びましょう。

丼ぶり物はすでに調理されており自分では塩分管理が出来ません。丼ぶり物より定食を選びましょう。漬物やみそ汁を残すだけでも食塩摂取量が23g程度抑えることが出来ます。鍋物は塩分摂取量が多くなるので要注意です。麺類の汁は残すようにしましょう。 

定食など.png

外食時にカリウム摂取量を少なくする工夫

野菜・フルーツは控えめにしましょう。

肉類・魚類はカリウムが豊富です。ステーキなどの肉類や刺身などの魚類でタンパク質の摂取が多くなる場合は、同時にカリウムの摂取も多くなるので注意しましょう。

サラダたち.png

外食時にリン摂取量を少なくする工夫

タンパク質が多いメニューには注意しましょう。主菜となる肉類、魚類や卵、豆腐などのタンパク質、すなわち「おかず」が多いとリン摂取量が多くなります。おかずの多いメニューには注意が必要です。

リン吸着薬は必ず医師の指示通りに、飲み忘れのないように飲みましょう。

食品の栄養成分表を上手に活用する

100gあたりや1個、1包あたりの熱量(エネルギー)、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量)が表記されています。

弁当2.png






1番最初に並んでいる材料ほど多く含まれている食べ物です。リンの多いものを見抜けます。









弁当1.png









1日のとってよい塩分が見えます。

食塩6.0g以下(1日)





外食や弁当を我慢するのではなく、工夫をして楽しみましょう!

 残す勇気を持ちましょう!

1回の食事だけに注目せずに1日の摂取量が守れたらいいのです!

 (塩分:6g  リン:700〜1100r  カリウム:2000mg) 

正しく食事を摂取しましょう

教訓.png

posted by じんたろう at 16:55| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

外食の注意点

年末年始は忘年会に新年会と外食が増える時期になります。ライム.png
今回は外食についての注意点をお話したいと思います。
外食時のポイントは大きく3つです!
1、リンをとりすぎない!
リンはほとんどが腎臓から排泄されるため透析患者さんは体内にリンがたまりやすくなります。血液中のリン濃度が高いと骨粗鬆症や、かゆみが強くなったり、動脈硬化を生じて心筋梗塞、脳梗塞の原因となり危険です。
一日のリン摂取量の目安は700mg/です。
リンの含有量
白米茶碗1杯(160g)53mgうどん2/3玉(160g)27mg食パン1枚(40g)40mg
鳥ささみ1/2本(20g)40mg鳥むね肉一口大(20g)40mg豚バラ(27g)40mg
まぐろ刺身一切れ(13g)40mgさけ1/4切れ(20g)53mgいわし1/2尾(20g)53r
鶏卵1/2個(33g)67mg牛乳1/2カップ(120g)107mgヨーグルト(107g)107mg
納豆1/2パック(27g)53mg豆腐1/5丁(60g)67mg厚揚げ1/3枚(40g)67mg


2、塩分・水分をとり過ぎない!カレー.png
塩の代わりになるものの上手な活用!
出汁を濃厚に取ることで、その分塩分を減らすことができます。
酢、レモンなどの柑橘類の酸味、ヨーグルトの酸味、カレーや胡椒、わさびなどの香辛料は、いずれも塩分(ナトリウム)は含んでいません。辛みや酸味でメリハリをつけることで、食べたときの満足度が違ってきます。
3、カリウムを取りすぎない!
透析患者さんでは血清のカリウム値が上昇しやすく、不整脈などを引き起こすことがあるのでカリウム摂取は重要です。野菜などは水にさらしたり、ゆでたりすることでカリウムを減らしたりできますが、どれくらい減ったかは分からず、種類や茹で時間によりさまざまであるため、2〜3割程度減少したと考えるのが安全です。
野菜バスケット.png

1日のカリウム摂取量は2000mg以下におさえましょう。

カリウムの含有量
穀類米飯(160g)46食パン6枚切り1枚(60g)58
いも類里芋3個(100g)640さつまいも1/2個(100g)470
野菜ほうれん草1/3束(70g)483キュウリ1本(100g)200
フルーツスイカ(100g)120バナナ中1本(100g)360
(単位:mg)
今年も一年間お世話になりました。こたつ.png
来年もよろしくお願いします。 
posted by じんたろう at 12:31| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

外食について

私たちの生活において、外食や旅行を切り離して考えることはできません。基本的に外食やお弁当で食べてはいけないものはありませんし、旅行もして構いません。つまり、量に注意しながら食べ方を工夫すればいいのです。

外食時の注意点
@食塩摂取量がどうしても多くなってしまいます。resutaurant.png
A肉類や魚類などのたんぱく質や、デザートのフルーツ類などを食べすぎると、カリウムの摂取量が多くなります。
B食前酒などのアルコール類には食欲増進作用もあります。しかし、食塩やたんぱく質の過剰摂取につながる可能性もあります。
C残す勇気を持ちましょう。
Dなじみのお店を作りましょう。

外食やお弁当などで特に気になるのは食塩摂取量です。どうしても美味しくするために濃いめの味付けになっています。
そもそも、どうして食塩制限が必要なのでしょうか? 
透析患者さんには体重・水分制限が不可欠です。ヒトは食塩を摂取すると喉が渇き水分をとりたくなるような体のしくみになっています。食塩8グラムを摂取した場合1リットルの水分が必要なのです。すなわち体重1キログラムの増加です。よって、食塩摂取量のコントロールがとても大切になってくるのです。

食塩摂取量を少なくする工夫
@味付けもオーダーしましょう。salt.png
A味の加減や材料がわかるメニューを。
B外食したら家では減塩。
C自分で塩分の加減ができるメニューを。丼物より定食を。
D鍋料理は塩分が多くなります。
E麺類の汁は残すようにしましょう。
F別の器で塩分を調節。しょうゆ・ソースなどはかけるのではなく、つけて食べましょう。

主な外食・お弁当の上手な食べ方

☆ビーフカレー:ルウに食塩が含まれていますので、ルウを調節しましょう。福神漬けなどの薬味は残しましょう。
☆チャーハン:味付けを薄味にしてもらうように注文しましょう。スープがついている場合は残しましょう。
☆中華丼・親子丼:味付けを薄味にしてもらうように注文しましょう。エネルギー量を減らしたい場合は米飯を残しましょう。
☆天丼:エネルギー量を減らしたい場合は米飯を残すか、エビ 1尾は衣をとって食べましょう。天丼のタレは少なくしてもらいましょう。
☆うな重:小さいものでも80〜100gあります。たんぱく質量に注意しましょう。かば焼きのタレは少なくしてもらいましょう。
定食.png

☆刺身定食:つけ醤油はできるだけ少なくしましょう。漬物、みそ汁は残しましょう。
☆焼魚定食:干物類の焼魚は避けましょう。塩焼きであれば醤油はかけないで食べましょう。漬物、みそ汁は残しましょう。
☆生姜焼定食:肉の脂身は残しましょう。漬物、みそ汁は残しましょう。
 
☆幕の内弁当:煮物類は見た目より食塩量が多いので注意しましょう。醤油やソースは使用せず、漬物は残しましょう。揚げ物類は高エネルギーです。
外食3.png

☆にぎり寿司:つけ醤油はできるだけ少なくしましょう。ガリは残しましょう。
☆ちらし寿司:醤油はできるだけ少なくしましょう。ガリは残しましょう。たんぱく質が多い食事です。
☆ざるそば:つけ汁はできるだけ少なくしましょう。ざるそばのみではエネルギー量が少なく栄養バランスもよくありません。
☆きつねうどん:汁は飲まないようにしましょう。きつねうどんよりも月見うどんの方が、たんぱく質の内容は良くなります。
☆鍋焼きうどん:汁は飲まないようにしましょう。てんぷらは衣が汁を吸収しないうちに食べましょう。かまぼこ、麩、しいたけなどは残したほうが食塩量は少なくなります。
☆ラーメン:ラーメンのみでは栄養バランスがよくありません。五目ラーメンなどにしましょう。汁は飲まないようにしましょう。
☆冷やし中華:めんとたれはあまり混ぜずに食べましょう。
☆スパゲッティー:エネルギー量を減らしたい場合はパスタを残しましょう。
鍋.png
posted by じんたろう at 16:17| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする