2017年06月01日

血圧低下

透析中の血圧低下の原因ketuatukei.png
血液透析中は、血圧が低下しやすくなっています。多くは水分除去(除水)による血管内容量の減少が原因です。自律神経調節能が低下している高齢者や糖尿病の方、また感染症や心不全を合併している方は、血圧低下の危険性がより高くなります。


動悸.png初期症状には
欠伸(あくび)や倦怠感、嘔気などの症状が現れますので、そのような際は必ずスタッフまでお伝えください。
重篤な場合には
著明な血圧低下(ショック状態)となり、治療の追加や変更が必要となることがあります。また、透析を中断しなければならなくなる可能性もあります。


透析中の血圧低下を防ぐには!?体重測定.png
(1)透析間の塩分と水分の摂取を控えることにより、体重の増加を少なく抑え、透析中の必要除水量を少なくする事が大切です。
(2)透析時間を4時間から4時間半、5時間に延長し透析中の除水スピードをゆっくりにします。 
(3)ドライウェイトが適正かスタッフと相談していきましょう。
(4)透析前の降圧剤の投与を考えましょう。(内服や注射薬)
(5)透析中の食事摂取を止めることも考えましょう。
(6)食事の前後や水分を多くとった時、ご自分で体重の変化をみるために体重計を活用しましょう。 

<例>
設定体重(ドライウェイト)が50kgとして・・・
3%(1日あき)…50×1.03=51.5kgが許容範囲となります。  
5%(2日あき…50×1.05=52.5kgが許容範囲となります。      


nurse5.png透析間の増加体重の許容範囲がわからない場合は看護師にご相談ください。
基準体重にあった増加体重をお伝えします。



posted by じんたろう at 00:00| Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

筋痙攣(つり こむらがえり)

筋痙攣(つり こむらがえり)相談.png
透析中に起こる手や足のつりは除水が引き金になって起こります。
除水速度が速いまたは許容値よりも除水量が多いと体内の水分バランスが崩れ、筋けいれんが起きやすくなります。また透析後半のつりは血圧低下が原因で起きやすくなります。

ナースコール.png血圧低下の症状は
生あくび、冷や汗、胸がどきどきする、便意、だるさなどです。
症状が出現したらすぐにナースコールして下さい。
血圧低下が著しい場合、意識消失することがあります。
我慢せずにすぐにお知らせして下さい。



つりの対策として以下のことがあります
こむら返り.png(1) 透析間体重増加を1日あき(水・木・金・土)は3%、2日あき(月・火)は5%以下に心掛けることが最も重要です。
この為には塩分、水分制限が大切です。
3〜5%がどのくらいの重さなのかは、スタッフにお尋ねください。
(2) 透析時間を長くしてゆっくり除水を行う。
(3) 血圧低下の予防
(血圧を上げる薬を使用する。酸素投与する。除水量を調整する。補液する。)
(4)ホットパックをする。できれば、つる部位を軽く動かす。
(5) つる前やつっている時に芍薬甘草湯の内服を試みる。
(6) アミノ酸一種のカルニチンの投与を検討する。
(スタッフと相談しましょう。)

怪獣.png予防として
透析中の低血圧を予防すれば大半の筋痙攣を防止できます。
透析中に足のつりが出現したら、我慢せず近くのスタッフを呼んでください。






posted by じんたろう at 16:59| Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

脳血管障害

sakuraApril.png
花の香りがそよ風に運ばれてくる候となりました。
今回は、脳血管障害についておはなしをしていきます。
脳血管障害は、脳の血管に起こる病気の総称です。

   +------脳梗塞 →→→ 血管が詰まって酸素や栄養が行き渡らなくなり
   |            細胞が壊死する。脳卒中の7割を占める。
脳卒中                ↓
   |             部位により言語/運動障害が生じる。
   +------脳出血・くも膜下出血 →→血管が破れる。

@脳梗塞
脳卒中の前触れには、視野の一部が欠けたり、ものが二重に見えたり、ろれつが回らない、足元がフラフラするなどの一過性脳虚血発作があります。
10分前後で収まることが多く、疲れのせいと考えて放置する方も少なくありませんが、3ヶ月以内の脳梗塞発作リスクが高いので要注意です。

糖尿病の…cake_st.png

血糖値が高い状態が長い期間続いていると血管が傷つき、血流が悪化します。血管の壁が傷んだ部分にコレステロールなどが溜まって血管の中が狭くなり、もろくなる動脈硬化です。動脈硬化が進行して動脈がつまってしまうと、そこから先の血流が途絶えてしまい、血液によって栄養分が運ばれなくなり組織が死んでしまいます。脳の動脈でこのような状態が起きるのが脳梗塞です。血糖コントロールがうまくいっていればこうした事態を避けることができます。

脳梗塞の種類
brain_sy.png

A脳出血 Bクモ膜下出血  
119emargency.png脳出血は、脳卒中の2割をしめます。クモ膜下出血の、発症者の3分の1は死亡、3分の1は社会復帰が困難なほどの後遺症が残る恐ろしい病気です。頭が割れるような頭痛が前兆として起こるのが特徴ですので、すぐに救急車を呼んで病院へ行きましょう。



脳卒中の危険因子

生活習慣では…
大量飲酒
タバコ…1日平均40本のたばこを吸う人は、吸わない人に比べて4倍も脳卒中で死亡しやすい。
運動不足…食事でとったエネルギーが消費しきれず、肥満につながるばかりか、糖尿病や脂質異常症、高血圧も引き起こす。
肥満…高血圧や糖尿病の原因になるため、間接的に脳卒中の危険因子となる。

症状・病気では…
高血圧・脂質異常症・糖尿病
心臓病(心房細動)…心房細動(脈の乱れ)は、心臓の中にできた血のかたまりが血液の流れに乗っていき、脳の血管で詰まって、脳梗塞の原因となる。

脳卒中の予防方法 
@ 高血圧から治療をしましょう。nurse2.png
A 糖尿病の治療のコントロールをしていきましょう。
B 不整脈は見つかったらすぐ知らせてください。
C 予防にはタバコをやめる意思を持ちましょう。
D アルコール控えめは薬、過ぎれば毒です。
E 高すぎるコレステロールを見逃さないようにしましょう。
F お食事の塩分・脂肪を控えめにしましょう。
→高血圧の方は、塩分は1日6グラム以内に抑えましょう。
G 体力にあった運動を続けましょう。
H 太りすぎに気をつけましょう。
I 脳卒中が起きたらすぐ病院へ連絡しましょう。
J お薬は勝手に辞めずに相談をしましょう。

透析されている方は、脳血管障害になりやすいようです。

*その理由としては*
[脳梗塞] 原因は動脈硬化です。高血圧が大きく関わっています。動脈硬化は加齢に伴う生理的な変化ですが、透析されている方は変化が著しく、進み具合が早いようです。また、透析前後の体液量の急激な変化が誘因となります。
[脳出血] 危険因子は高血圧です。高血圧の治療が不十分な人に多い傾向があります。

透析されている方の高血圧の原因は水の貯留が関わっています。水の貯留は増加体重を、1日空きで体重の3%、2日空きで体重の5%に抑えていきましょう。
tulip.png
posted by じんたろう at 11:09| Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする