2018年11月12日

インフルエンザ

インフルエンザに 「かからない」 「うつさない」 よう、日頃から感染予防を心がけましょう!


インフルエンザ予防対策5か条
 手洗い・うがいugaitearai.png

 外出後、咳やくしゃみの後は、石けんで手を十分に洗う。アルコール成分を含んだ手指消毒薬も効果的。


  • 咳エチケットmask.png

     咳やくしゃみが出る場合は、鼻や口をティッシュで覆う。またはマスクをつける。


  • 人混みの多いところへの外出はできるだけ控えるhitogomi.png

     体調が整わない時は特に、他の人との接触をできるだけ少なくする。


  • 室内の環境を整える温湿度計.png

     室内の温度は20度程度、湿度は60パーセント程度に調整し、換気を行う。


  • 生活習慣に気をつける睡眠.png

     栄養バランスのよい食生活を心がけ、睡眠・休養を十分にとる。


感染経路.png
 




風邪かな・・・もしかしてインフルエンザ?!

感染者.png

高齢であったり、インフルエンザワクチンを接種した場合、感染しても症状が軽く、風邪と思っていたのが、実はインフルエンザだったということも少なくありません。ご自分で判断されず、必ず診察を受けてください。TEL連絡.png

そのため、37.0度以上の発熱や風邪症状があれば、来院前にかかりつけ医院に電話をされるようお願いいたします。また、ご家族がインフルエンザになった場合も来院前にご連絡ください。インフルエンザの場合、当院では入室時間・透析時間の調整をしていただき、解熱後約1週間は個室での透析になります。

お願いナース.png お互いにうつしあわないように、ご協力をお願いいたします

posted by じんたろう at 17:09| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

「運動」しましょう!

サルコペニア・フレイルって何?ウォーキング.png

サルコペニアは高齢者において筋肉量の減少と共に筋力や身体機能が低下していく状態のことを言います。

フレイルとは加齢による予備能力低下のため健康障害に陥りやすい状態のことを言います。

透析患者さんではフレイルの頻度が高く3人に1人がフレイルで半数が予備軍であると言われています。

これを予防するため運動はとても重要です!



どんな運動をすればいいの?

  • バイク.png有酸素運動〜〜  心肺機能を高め持久力が上がる
    休憩しながら 20分〜60分続けましょう!

     ・スクワット

     ・自転車こぎ(エルゴメータ−)

     ・ウオーキング(ジョギング)

     ・ストレッチ


  • レジスタンス運動  筋肉に負荷をかけ筋肉増強を図る

   10151セット その時の体調に合わせて 鉄アレー.png

      ・ ゴムバンド

      ・ ヒップリフト

      ・ 下肢挙上



椅子運動.png 運動といっても日頃外に出ないなど、運動から遠ざかっている方も多いと思います。疲労を感じず安全で行い身体機能や骨格筋量を維持向上させることが大切です。日常生活の中で立つ・座るなどの動作では洗濯干し、床ふき掃除、布団の上げ下ろしなど低強度の運動でも継続していくことで運動機能の改善も図れます!

クリニックでもレジスタンス運動のパンフレットをお渡ししています。

透析のない日から体調に合わせて自分に合った運動をすすめていきましょう。

運動の後は

筋肉疲労の回復や筋力アップに必要な栄養素を多く含んだ食事を摂取しましょう!

  • 分岐鎖アミノ酸(臓器・皮膚・筋肉・髪・爪・血液などの材料)

   菌やウイルスと戦い全身へ酸素を運ぶ健康維持に不可欠なもの

タンパク質  マグロ・かつお・あじ・サンマ・チーズ・牛肉・鶏肉・卵・大豆製品

  • 必須脂肪酸(体内で作れない栄養素、欠乏すると皮膚の炎症など起こす)

   野菜と一緒に摂ると吸収を促進

脂肪  あまに油・大豆油・ごま油・なたね油・オリーブ油 

posted by じんたろう at 20:25| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

腎臓の働きと水分・塩分

腎臓働き.png


腎臓の働きの一つに、水分調節があります。余分な水分は尿として体外に排泄し、体内の水分量を一定に保っています。

腎臓が悪くなると、尿量が減少したり、あるいはまったく出なくなったりするため、体に水分がたまってしまいます。

水分がたまりすぎると、全身浮腫・高血圧・心不全などを招いて生命に危険を及ぼします。また、透析を行う際、短時間に多量の除水をしなければならず、血圧低下や筋けいれんを起こして透析中の除水が困難になり、さらに水がたまるという悪循環に陥ります。

これらを防ぐため、水分量の調整をしっかり行いましょう!!




1日の水分の出入り★

あなたの1日の許容飲水量を計算してみましょう。 コップの水.png         

500ml+尿量=許容飲水量/1

1日の尿量が200mlある人の場合・・・

500+200=700mlとなります。

★水分制限の工夫★

※水分を多く含む食品を覚え、食べ過ぎないようにしましょう。

{果物、野菜、豆腐、こんにゃく、プリン、ゼリー、アイスクリーム、鍋物 、麺類、おかゆ、雑炊など}

※塩分は控え、薄味にしましょう。塩分に注意することが過剰な体重増加を防止するもっとも有効な方法です。
減塩.png

※食塩として1日6〜8gまで抑え、薄味を心がけましょう。

        小さじ約1杯

※塩味よりも酸味(酢、柑橘類)や香辛料(からし、コショウ)を使用した味付けを多くしましょう。


塩分を摂りすぎる →のどが渇く    →水をたくさん飲んでしまう → 体重増加が多くなる!!!

   ↓                                     ↑

塩と水は一定の割合に保たれているため = 塩は身体に水をひきとめる →約8gの塩で1Lの水がたまる

水と塩.png

  

posted by じんたろう at 00:00| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする