2019年08月12日

カリウム制限

なぜカリウムを制限する必要があるの!?
カリウムは、重要なミネラルの一つで神経や筋肉の動きを調整しています。Kマン.png

低すぎても高すぎても、生命に危険を及ぼすので特に注意が必要です。腎不全では、血液の中にカリウムがたまり高カリウム血症になるために

制限が必要です。カリウム値が高くなると不整脈ひどい場合には心停止を引き起こすことがあります。

大変危険です!!!K信号.png

高カリウムの症状には「口のまわりがしびれる」「胸が苦しい」「体がだるい」などの症状が出現します。カリウムは透析でしか抜くことができません。

カリウムはほとんどの食材に含まれている為、食事をすると多かれ少なかれ体の中に取り込まれてしまいます。しかし調理方法や食品の選び方を考慮した食事をする事でカリウムを減らす事は可能な事です。

カリウムを減らす工夫

カリウムは水に溶ける為、食材を切ってから「水にさらす、ゆでる」といった方法で減らすことが出来ます。こうした工夫で、カリウムが20%程度減少します。

ゆでこぼし.png










一般的に、野菜や芋類はカリウムが多いといわれますが、調理の際に、カリウムの多い食品の一部を、カリウムの少ない食品に置き換えるのも有効です。

置き換え.png










食べるタイミング

透析の間隔が1 日空きの時に食べるようにしましょう。

透析の間隔が2 日以上空くと、体内のカリウムの蓄積量が多くなります。

透析の前がおすすめです!増えたカリウムを透析で抜くことができ、体内の貯留時間が短くなります。

採血結果でカリウムが高いときは、@生野菜や果物を控えるAカリウムの摂取量が増えているので、何を食べてカリウムが高くなっているのか、原因を取り除いてから食べるようにしましょう!

K一覧.png


posted by じんたろう at 00:00| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

シャント感染と管理

シャント(バスキュラーアクセス)とは?

血液透析を行うには、少なくとも一分間に約150〜300㎖の血液をいったん体の外へ出して(脱血)血液を浄化し、体の中に戻します(返血)。そのために腕の血管の動脈と静脈をつなぎ合わせ静脈の血流量を多くします。このように血流量を多くするために動脈と静脈をつなぎ合わせることを「シャント(短絡)」といいます。シャント静脈が詰まったり血管が細くなったりして血流がとれなくなると、毒素が除去されにくくなり治療効果が悪くなることがあります。

感染症

針を刺した針穴から常在菌などが入って赤くなったり、膿が出たりする事があります。これが進行すると全身感染に至り命に関わる危険があるため、十分な予防が必要です。重症化すると抗生剤の投与による治療や外科処置による排膿などを行う事もあります。透析患者さんは免疫機能が低下しているため、シャント感染を起こしやすいです。

〇痛みはありませんか?         〇赤くなっていませんか? 

〇腫れていませんか?         〇排膿はしていませんか?

日頃の確認がとても大切です。シャントを観察する習慣をつけましょう。


シャントの観察

☆見る=シャント肢全体に異常がないか観察します。

 針穴にかさぶたができているか、針穴から膿がでていないか観察!!!

shunt腫れ.png

☆聴く=聴診器で吻合部から全体を通してシャント音をききます。

 いつもの音はどんな音なのか知っておきましょう

  →拍動音や高調音が聞こえる場合はシャント狭窄が考えられます。

☆触る=熱の有無、腫れの程度を観察します。

shunt拍動.png





★@から順番に吻合部から人差し指、中指の2本でシャントを触ってみましょう

普段注意すること!

◎シャントの腕をきれいにする(石けんを泡立てて優しく洗い、優しく拭き取りましょう)

◎カット絆をつけっぱなしにしない(針穴にかさぶたができているのを確認する)

◎シャントの腕で腕時計はしない

◎シャントの腕で荷物をかけない

◎シャントの腕で血圧測定しない

posted by じんたろう at 15:33| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

透析患者さんと心疾患

透析患者さんは、心疾患を起こすリスクが高いことがわかっています。その理由は、透析導入前から心疾患の原因である動脈硬化が進行しているためです。また、尿が出ないことで、心臓にかかる負担が大きくなるのも原因の一つとなります。

1.心疾患の2大原因

@動脈硬化の進行動脈硬化.png
動脈硬化は、血管の壁にコレステロールがたまって、血管が狭くなったり、詰まったりした状態です。脂質(コレステロール)異常症や高血圧、糖尿病によって進行します。透析患者さんは、このような疾患を合併していることが多く、さらにリン、カルシウムの代謝異常が加わって、血管の石灰化が進みやすいのです。

A心臓にかかる負担の増大
透析患者さんは、透析と透析の間は水分が体に溜まるため、体液(血液)量が増えます。血液量が多いと、それを全身に送り出す心臓に負荷がかかります。 また、透析患者さんがなりやすい貧血も心臓に負担をかけます。貧血が重症になると、多くの血液を全身に送り出そうとして、心臓に負担がかかるからです。

2.心血管系疾患の種類

透析患者さんの動脈硬化は全身で進行するため、さまざまな心血管系疾患を起こします。心血管病変.png

⓵虚血性心疾患
心臓の筋肉に栄養を送る血管(冠動脈)がつまって、突然の胸痛や冷や汗などがみられます。症状が一時的におさまれば狭心症、血流がとだえて心臓の筋肉が障害されると心筋梗塞です。

A心臓弁膜症・・・血液の逆流を防ぐための弁が石灰化により動きが悪くなり、心臓が血液を体にうまく送り出せなくなります。さらに弁の逆流により心臓に負担がかかります。

B不整脈・・・上記のような心臓の疾患や血液中のカリウムの異常などが原因で、心拍数やリズムが不規則になります。

C心不全・・・心臓のポンプ機能が低下した状態で、さまざまな心臓病が原因となります。透析患者さんは体液量が増加しやすいため、心臓に負担がかかって心不全になりやすいことが知られています

*症状・・@左心不全・・・肺うっ血、全身への血流低下(低心拍出量症候群)下肢浮腫.png心臓.png

A右心不全・・・全身の浮腫やうっ血肝、腹水

3.心疾患の原因について詳しく説明すると

@尿量減少・・・尿量の減少あるいは無尿になると、摂取した水分や塩分はそのまま体重増加につながって、心臓への負担を増します。透析間の体重増加が多く、透析のたびにドライウェイト(DW)までしっかり除水できない場合は、過剰な水分を常に体内に残してしまうことになり、心臓への負担を増すことにつながります。

A血圧管理不十分・・・血圧の管理が悪く高血圧が長期に持続すると、心臓肥大を生じて心臓への負担が増します。心ポンプ.png

Bリン、カルシウムの管理不十分・・・リンやカルシウムの管理が悪いと、心臓の筋肉の働きを障害し、心臓の弁の石灰化から心弁膜症(大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症)を生じて心不全を起こしやすくなります。

C貧血・・・貧血は心臓の働きを障害し、心不全を起こしやすくします。

D透析量の不足・・・十分な透析を行っていない場合には、尿毒症性の心筋障害を生じる危険性があります。

E糖尿病・高血圧・高脂血症・狭心症・心筋梗塞・喫煙・高齢者・・・動脈硬化が進行しやすく、虚血性の心臓病を生じやすくなっており、狭心症や心筋梗塞等の虚血性心臓病は心不全の大きな危険因子となります。

4.心疾患対策

心血管系疾患を防ぐためには、動脈硬化の予防や、心臓にかかる負荷の増大を避けることが重要になります。
@血圧のコントロール血圧測定.png

透析患者さんの場合、適正な透析を行った上で、血液量が増えすぎないように、塩分・水分の摂取量を制限したり、降圧薬を用いたりして、血圧を適切にコントロールします。

Aコレステロール異常の改善
食事療法や運動療法で、血液中のHDLコレステロール(善玉コレステロール)、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪を適切に管理します。また、必要に応じて脂質降下薬を用います。ただし、低栄養状態にならないように注意する必要があります。
減塩.png
Bリン、カルシウム、カリウムのコントロール 
リンとカルシウムは血管の石灰化の原因になるミネラルなので、食事療法や薬物療法で特にしっかりと管理します。また、カリウムも同様に食事療法や薬物療法でコントロールします。

C貧血の改善
十分な透析を行うことや、造血ホルモン剤や鉄剤による薬物療法などで貧血を改善します。

〈当院で行う検査〉

心電図、心エコー図、24時間心電図、下肢ABI検査、頸動脈エコー透析治療.png

採血(LDLコレステロール、中性脂肪、リン、カルシウム、i―PTH)

ドライウエイト評価(胸部レントゲン、下大静脈径の検査)

スタッフ.png
posted by じんたろう at 10:47| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする