2019年01月09日

透析患者さんと心疾患

透析患者さんは、心疾患を起こすリスクが高いことがわかっています。その理由は、透析導入前から心疾患の原因である動脈硬化が進行しているためです。また、尿が出ないことで、心臓にかかる負担が大きくなるのも原因の一つとなります。

1.心疾患の2大原因

@動脈硬化の進行動脈硬化.png
動脈硬化は、血管の壁にコレステロールがたまって、血管が狭くなったり、詰まったりした状態です。脂質(コレステロール)異常症や高血圧、糖尿病によって進行します。透析患者さんは、このような疾患を合併していることが多く、さらにリン、カルシウムの代謝異常が加わって、血管の石灰化が進みやすいのです。

A心臓にかかる負担の増大
透析患者さんは、透析と透析の間は水分が体に溜まるため、体液(血液)量が増えます。血液量が多いと、それを全身に送り出す心臓に負荷がかかります。 また、透析患者さんがなりやすい貧血も心臓に負担をかけます。貧血が重症になると、多くの血液を全身に送り出そうとして、心臓に負担がかかるからです。

2.心血管系疾患の種類

透析患者さんの動脈硬化は全身で進行するため、さまざまな心血管系疾患を起こします。心血管病変.png

⓵虚血性心疾患
心臓の筋肉に栄養を送る血管(冠動脈)がつまって、突然の胸痛や冷や汗などがみられます。症状が一時的におさまれば狭心症、血流がとだえて心臓の筋肉が障害されると心筋梗塞です。

A心臓弁膜症・・・血液の逆流を防ぐための弁が石灰化により動きが悪くなり、心臓が血液を体にうまく送り出せなくなります。さらに弁の逆流により心臓に負担がかかります。

B不整脈・・・上記のような心臓の疾患や血液中のカリウムの異常などが原因で、心拍数やリズムが不規則になります。

C心不全・・・心臓のポンプ機能が低下した状態で、さまざまな心臓病が原因となります。透析患者さんは体液量が増加しやすいため、心臓に負担がかかって心不全になりやすいことが知られています

*症状・・@左心不全・・・肺うっ血、全身への血流低下(低心拍出量症候群)下肢浮腫.png心臓.png

A右心不全・・・全身の浮腫やうっ血肝、腹水

3.心疾患の原因について詳しく説明すると

@尿量減少・・・尿量の減少あるいは無尿になると、摂取した水分や塩分はそのまま体重増加につながって、心臓への負担を増します。透析間の体重増加が多く、透析のたびにドライウェイト(DW)までしっかり除水できない場合は、過剰な水分を常に体内に残してしまうことになり、心臓への負担を増すことにつながります。

A血圧管理不十分・・・血圧の管理が悪く高血圧が長期に持続すると、心臓肥大を生じて心臓への負担が増します。心ポンプ.png

Bリン、カルシウムの管理不十分・・・リンやカルシウムの管理が悪いと、心臓の筋肉の働きを障害し、心臓の弁の石灰化から心弁膜症(大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症)を生じて心不全を起こしやすくなります。

C貧血・・・貧血は心臓の働きを障害し、心不全を起こしやすくします。

D透析量の不足・・・十分な透析を行っていない場合には、尿毒症性の心筋障害を生じる危険性があります。

E糖尿病・高血圧・高脂血症・狭心症・心筋梗塞・喫煙・高齢者・・・動脈硬化が進行しやすく、虚血性の心臓病を生じやすくなっており、狭心症や心筋梗塞等の虚血性心臓病は心不全の大きな危険因子となります。

4.心疾患対策

心血管系疾患を防ぐためには、動脈硬化の予防や、心臓にかかる負荷の増大を避けることが重要になります。
@血圧のコントロール血圧測定.png

透析患者さんの場合、適正な透析を行った上で、血液量が増えすぎないように、塩分・水分の摂取量を制限したり、降圧薬を用いたりして、血圧を適切にコントロールします。

Aコレステロール異常の改善
食事療法や運動療法で、血液中のHDLコレステロール(善玉コレステロール)、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪を適切に管理します。また、必要に応じて脂質降下薬を用います。ただし、低栄養状態にならないように注意する必要があります。
減塩.png
Bリン、カルシウム、カリウムのコントロール 
リンとカルシウムは血管の石灰化の原因になるミネラルなので、食事療法や薬物療法で特にしっかりと管理します。また、カリウムも同様に食事療法や薬物療法でコントロールします。

C貧血の改善
十分な透析を行うことや、造血ホルモン剤や鉄剤による薬物療法などで貧血を改善します。

〈当院で行う検査〉

心電図、心エコー図、24時間心電図、下肢ABI検査、頸動脈エコー透析治療.png

採血(LDLコレステロール、中性脂肪、リン、カルシウム、i―PTH)

ドライウエイト評価(胸部レントゲン、下大静脈径の検査)

スタッフ.png
posted by じんたろう at 10:47| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

カリウムに気をつけよう!

なぜカリウムを制限する必要があるのか!?
カリウムは、重要なミネラルの一つで神経や筋肉の動きを調整しています。低すぎても高すぎても、生命に危険を及ぼすので特に注意が必要です。腎不全では血液の中にたまり高カリウム血症になるために制限が必要です。カリウム値が高くなると、

不整脈ひどい場合には心停止を引き起こすことがあり、 大変危険です!!!


高カリウムの症状には、「口のまわりがしびれる」、「胸が苦しい」、「体がだるい」、などの症状が出現します。カリウムは透析でしか抜くことができません。

カリウムはほとんどの食材に含まれている為、食事をすると多かれ少なかれ体の中に取り込まれてしまいます。しかし調理方法や食品の選び方を考慮した食事をする事でカリウムを減らす事は可能なことです。

カリウムはほとんどの食品に含まれています!       


*一日のカリウム摂取量は2,000mg以下におさえましょう* 

★おせち料理

おせち.png

黒豆 約20g

388mg

ごまめ 約10本

96mg

数の子   1本

13mg

伊達巻  1切れ

48mg

かまぼこ 40g

40mg

えび旨煮  1尾

25mg

なます 約50g

120mg

栗きんとん約60g

242mg

昆布巻き2本

30mg


穀類

米飯(160g)46mg

食パン6枚切り1枚(60g)58mg


いも類

里芋(100g)640mg

さつまいも1/2個(100g)470mg


野菜

白菜(100g)220mg

みかん(100g)150mg


果物

柿(100g)170mg

干し柿(100g)670mg

栗(100g)5個程 420mg

甘栗(100g)560mg

食事療法・運動療法をしていくことが、透析治療の二本柱です。これからも継続していくことが大切です。

年越し.png
posted by じんたろう at 17:20| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

インフルエンザ

インフルエンザに 「かからない」 「うつさない」 よう、日頃から感染予防を心がけましょう!


インフルエンザ予防対策5か条
 手洗い・うがいugaitearai.png

 外出後、咳やくしゃみの後は、石けんで手を十分に洗う。アルコール成分を含んだ手指消毒薬も効果的。


  • 咳エチケットmask.png

     咳やくしゃみが出る場合は、鼻や口をティッシュで覆う。またはマスクをつける。


  • 人混みの多いところへの外出はできるだけ控えるhitogomi.png

     体調が整わない時は特に、他の人との接触をできるだけ少なくする。


  • 室内の環境を整える温湿度計.png

     室内の温度は20度程度、湿度は60パーセント程度に調整し、換気を行う。


  • 生活習慣に気をつける睡眠.png

     栄養バランスのよい食生活を心がけ、睡眠・休養を十分にとる。


感染経路.png
 




風邪かな・・・もしかしてインフルエンザ?!

感染者.png

高齢であったり、インフルエンザワクチンを接種した場合、感染しても症状が軽く、風邪と思っていたのが、実はインフルエンザだったということも少なくありません。ご自分で判断されず、必ず診察を受けてください。TEL連絡.png

そのため、37.0度以上の発熱や風邪症状があれば、来院前にかかりつけ医院に電話をされるようお願いいたします。また、ご家族がインフルエンザになった場合も来院前にご連絡ください。インフルエンザの場合、当院では入室時間・透析時間の調整をしていただき、解熱後約1週間は個室での透析になります。

お願いナース.png お互いにうつしあわないように、ご協力をお願いいたします

posted by じんたろう at 17:09| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする