2020年01月20日

心不全

透析死因.png透析患者さんは尿が出ないため、水分や塩分が体に溜まりそれを、循環させる心臓には大きな負担がかかって、働きすぎの状態になってしまいます。

働きすぎた心臓は心臓疾患の原因となり、心臓の機能が低下して、最後には心不全に至ります。
心不全は常に透析患者さんの死因の第1位を占めています。

透析患者さんには高血圧や糖尿病の方が多く、血液中のリンやカルシウム濃度に異常が出ることも影響して、動脈硬化が進みやすい状態にあります。動脈硬化が進むと、脳卒中心筋梗塞などさまざまな病気を引き起こします。

これらを予防するには、食事や水分・塩分の過剰摂取をひかえ、心臓に余分な負担をかけないように注意することと、たまった水分や塩分を透析で適切に除去することが必要です。

心臓の過剰な負担を防ぐためには、適切な体重と増加量を守ることが重要です

冬は温かい料理が多くなる季節です。鍋.png
年越しそばやおせち、お雑煮や鍋ものなど、塩分の摂取量が多くなりやすい料理が増えるのが特徴です。
また、鍋ものなどの水分の多い料理を食べる機会も増えますので、食べ方に気をつけながら寒い冬を乗り切りましょう!

水分コントロールのQA

Q1 調理法で水分量は変わる?

水分量は蒸す煮る焼く炒める揚げる の順番で水分が多くなります。
寒い季節は煮物や鍋、シチューなどが多くなります。
連日食べると透析間の体重が増えやすいので、続けて食べることはやめましょう。

Q2 便秘で体重が増えているので、食事制限は気にしなくてよい?トイレ.png

水分制限や透析による除水、食物繊維の摂取不足、リン吸着薬の服用などが影響して、透析患者は便秘になりやすくなっています。1日の排便量は150200g、中2日でも450600gしか体重に影響しません。それ以上の体重増加は、便秘以外に原因があると思われます。
飲水量、食事量、水分の多い食事を食べていないか見直しましょう。

Q3 塩辛いものを食べても水分をとらなければよい?

人の体は食塩を体内に取り込むと浸透圧を下げるために、水を体に取り込もうとします。塩辛いものを食べても、水分をとらなければ大丈夫と思っていても、ほかの食事で水分が多いものを食べるなど、無意識に水分をとっている可能性があります。また、食事の過剰摂取や、水分の取りすぎは血圧の上昇に影響します。

水分を控える工夫

  • 1日の目標水分量を、水筒やペットボトルにいれておく飲水.png
  • 水などをペットボトルに入れて凍らせて溶けた分から少しずつ飲む
  • 今よりもひとまわり、小さなコップや湯飲みに変える
  • 水を飲む代わりにうがいをする(水分量:1520ml/回)や、氷をなめる(水分量:約20ml/)
  • 歯磨きをし、口の内をさっぱりさせる

食事では…

雑煮.png

  • 塩分、水分の多いメニューを控える
  • 清涼飲料水や、甘みの強い菓子類を控える(喉が渇きやすいため)
  • 茹で・蒸し・煮物を減らし、焼き・炒め・揚げ料理を増やす
posted by じんたろう at 16:15| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

血液透析療法とは

〜血液透析療法とは〜                

血液透析療法とは、人工的に「血液中の余分な水分や老廃物を取り除き血液をきれいにする働き」を腎臓に代わって行う治療法です。

透析療法.png

〜腎臓の働きとは〜 

・尿をつくる(老廃物を排泄する)血圧測定.png

・水分や電解質(ナトリウム、カリウム、リン他)などの、からだの中でのバランスを整える

・血圧を調節する  

・からだで働けるビタミンDをつくり(活性化)、骨を丈夫に保つヘモグロビン.png

・赤血球をつくる働きを助ける




 〜血液透析とは〜  機械に血液を通してきれいにすることです 

血液透析.png
 

腎臓

血液透析

1日

24時間

4〜6時間

1週間

168時間

12〜18時間


腎臓は1日中休みなく働きますが、血液透析では週3回の短時間で腎臓の代わりをしています。透析は長ければ長いほど体に良いです。キツサのない透析を行うには患者さん自分自身での自己管理が何よりも大切なのです。

カリウムや水分・塩分摂取量が多くなれば心臓に負担がかかったり血圧の変動が激しくなるため、倦怠感や筋肉痙攣(クランプ)の原因になります。

ご自分で食事管理や服薬管理、運動療法を行い、規則正しい生活を送ることを心がけましょう!
最終帯.png
posted by じんたろう at 11:04| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

インフルエンザ

この時期やっかいな、インフルエンザについてのお話です。virus.png

インフルエンザに 「かからない」 「うつさない」 ように、予防と対策をしていきましょう。

インフルエンザにかからない予防

1)手洗い・うがいをこまめにしましょう!手洗うがいマスク.png

 外出から帰ってきたら手洗い・うがいを徹底しましょう。

2)流行前にワクチン接種!

 早めに打って免疫をつけましょう。

3)咳エチケット 

 咳やくしゃみが出る場合は、マスクを着用し鼻の上まで覆う。

4)人混みの多いところへの外出はできるだけ控えるin room.png

 体調が整わない時は特に、他の人との接触をできるだけ少なくする。

5)室内の環境を整える

 室内の温度は20度程度、湿度は60パーセント程度に調整し、換気を行う。

6)生活習慣に気をつける就寝.png

 十分な睡眠と栄養バランスのよい食事を心がけましょう。


インフルエンザの感染経路


感染経路.png

普段からウイルスが体内に入るのを防ぐようにしましょう。

posted by じんたろう at 17:01| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする