2020年02月21日

便秘について

透析患者さんの4070%が便秘に悩まされています。

便秘.png便秘とは・・・個人差が大きい為明確には定義出来ませんが、3日以上排がない状態、または毎日排便があっても残便感(腹に便が残っていると感じる)や、排便困難感(便が出しづらいと感じる)がある状態のこと



<透析患者さんの便秘の主な原因>制限.png

1:水分制限

2:透析による除水

3:カリウム制限による野菜不足(食物繊維不足)

4:運動量の低下

5:薬剤性便秘(リン吸着剤やカリウム抑制剤などの副作用)

便秘を放っておくと体の様々な部分に不調(肌荒れ・食欲不振・倦怠感・疲労感・めまい・頭痛・腹痛・腰痛・肩こり・冷え性など)が現れます。どこに症状が現れるかは個人差が大きいですが、便秘が長く続くと症状もひどくなる傾向にあり、場合によっては重大な疾患(虫垂炎・腹膜炎・大腸憩室炎・痔・腸閉塞・腸管穿孔など)を招くこともあり、適切に予防と対策を行っていくことが大切です。

<予防と対策>

  • 運動療法・・・運動によって腸を動かす筋肉を鍛えたり、自律神経を刺激して腸の働きを整える為、適度な運動をする運動.png
  • マッサージ・・・外から腸に刺激をあたえて排便を促す。

マッサージ.png方法:仰向けに寝そべり両膝を立ててお腹に手を置き、おへそを中心に時計回りに円を描くようにゆっくり優しく撫でる。



乳酸菌.pngB食事療法・・・カリウムやリンの量に気を付けながら水溶性食物繊維(こんにゃく・昆布・ひじき・わかめ)、不溶性食物繊維(根菜類・キノコ類・穀類・豆類・イモ類・緑黄色野菜)、乳酸菌(ヨーグルト・糠漬け・味噌)、ビタミンB1(玄米・小麦胚芽・ごま・大豆・豚肉)、ビタミンE(食物油・小麦胚芽・アーモンド・ピーナッツ・卵黄・たらこ)を摂取する。は腸内で潤滑油となって便を出しやすくする効果があります。料理に香辛料や酸味を取り入れると腸に刺激を与えられます。

Cサプリメント・・・食事で摂取することが難しい場合は透析患者さんでも使用できるサプリメントを使用する。

内服.pngD薬物療法・・・医師に相談し透析患者さんが使用できる薬を処方してもらう。

便秘が原因で他の病気を併発することもあります。

たかが便秘と考えずに何かあれば医師や看護師に相談しましょう。

Kと食物繊維表.png勧め食品.png


posted by じんたろう at 09:35| Comment(0) | 便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: