2019年03月04日

透析患者さんと災害対策

 2016年4月の熊本大地震から3年、東日本大震災からは8年が経過しました。

今回は災害時についてもう一度お伝えしようと思います。

1年に一度の防災グッズの見直しをよろしくお願いします。

透析中に地震が発生した場合

地震の揺れは長くて1〜4分程度です。

むやみに動くと転倒してケガをしたり、透析の針が抜けてしまう恐れがあり大変危険です。

➡ベッドに横になっている場合は、血液回路をしっかり持ちます。
テーブルを足元へ移動させ、布団を頭までおおって
落下物でのケガを予防します。

血液回路内の血液をもどす時間的余裕のないときは、緊急に回路から離脱します。方法は以下の通りです。

  • 看護師がそばに行き抜針します。
  • バンドで固定、もしくは患者さまご自身でボタン圧迫していただきます。
  • スタッフの誘導に従って避難場所へ避難してください。

★日頃から止血ベルトを広げてテーブルの上に置いておく習慣をつけましょう。

★起立性低血圧などの血圧変動のある方は起き上がる際に転倒しないよう気を付けてください。

★エレベーターは緊急停止するので使えません。階段を使用します。

★車いすが必要な方はスタッフが介助するか担架で移動します。

気分の悪い方や血圧低下が心配な方は無理をせずにスタッフに声をかけてください。

透析をしない日に地震が発生した場合

(1)かかりつけ医院に電話で連絡してください。

この場合、家庭の固定電話や携帯電話よりも公衆電話の方がつながりやすいです。あらかじめ自宅近くの公衆電話の設置場所を確認しておいて下さい。

(2)電話がつながったら、透析スタッフから具体的な指示を受けてください。(災害の程度によっては即答できない場合があります。)

(3)かかりつけ医院が壊滅状態になり情報提供ができない場合は、ご自分で透析施設を探し出さなければなりません。透析施設を探すのは電話帳からでも可能ですが、保健所や各都道府県の腎協に問い合わせて、それぞれの都道府県の透析施設の情報を得ることができます。日本透析医会は、過去の大震災の経験を教訓として支援の広域化を目指し、「災害情報ネットワーク」の整備を行い支援の中核を担えるようになっています。

かかりつけ医院が壊滅であれば上記に連絡して透析を受けることができる施設を確認してください。

災害時の食事管理のポイント

大災害が発生したら、近隣の県の透析病院への移動で透析を1週間受けられないような最悪の事態も想定しておかなければなりません。透析を受けられない間、食事や水分の管理を普段よりかなり厳しくしなければなりません。

  • 徹底してカリウムを抑えます。
    唇がしびれる、手足に力が入らずがくがくするなどの症状が現れた場合はすぐに透析しなければ心臓が止まる状態です。できるだけ早く透析のできる施設へ行かなければなりません。カリウム管理は命に直結するため一番注意しましょう。
  • 塩分を少なくします。
  • 水分を減らします。
  • たんぱく質を適度にとります。
  • エネルギーを適度にとります。

★カリウム、塩分、水分は普段の半分から3分の2程度に制限しましょう。

★支給されたお弁当などの佃煮・漬物・塩分の多そうなものは食べないようにします。

★ご飯・パン・ビスケットなどはできるだけ食べましょう。

★スポーツドリンクにもカリウムや塩分が含まれます。

災害時のような厳しい状況の中でも「食事と水分」を上手に管理すれば、数日間は日常生活を続けることが可能です

非常時持ち出し品のリスト

非常時に備えてリュックサックや手さげ等にまとめておきましょう。

□身体障がい者手帳(コピー)    □保険証(コピー)

□透析条件カード(コピー)     □預金通帳(コピー)

□懐中電灯  □ラジオ   □電池    □現金

□非常食品  □飲料水   □ラップ   □ビニール袋

□紙コップ  □紙皿    □アルミホイル

□下着    □タオル   □手袋または軍手

□ティッシュペーパー   □ウェットティッシュ

□筆記用具  □レジャーシート □薬手帳


非常用バッグ、定期薬はいつも手の届くところに!透析条件カードと保険証はいつも持ち歩くようにしましょう!

ご家族や病院の連絡先も一緒に保管してくださいね。

posted by じんたろう at 19:18| Comment(0) | 災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: