2018年07月21日

透析患者さんの熱中症対策

普通の熱中症対策:《塩分・水分をしっかり摂取する》と《暑さを避ける》が基本ですが、

透析患者さんは…

説明図.png

nurse.png

塩分と水分が同時に摂取できるという理由ではスポーツドリンクは有効ですが、透析患者さんは塩分の過剰摂取につながるので下痢・嘔吐・多量の発汗がないのであればあまり飲む必要はないようです。

何よりも予防が大切です。炎天下を避け暑さを我慢せずクーラーを使いましょう。

脱水・熱中症と思ったら自己判断せずクリニックに電話してください。




熱中症の際のポイント

暑さに負けない

基礎体力」をつけましょう    

バランスのとれた食事十分な睡眠を心掛け、普段から適度な運動で体づくりをしておきましょう。

気温」や「熱中症指数

をチェックしましょう 

その日の気温や熱中症指数の確認を習慣づけましょう。


水分や塩分の摂りすぎに

注意しましょう

猛暑であっても、水分や塩分の摂りすぎには気をつけましょう。

水分が摂りたくなった時には、

@   まず涼しい場所に移動し、冷却グッズなどで体を冷やします

A   水分を摂るときにはがぶがぶ飲まず、少しずつ、ゆっくり飲むのがポイントです。

また、うがいをして口内を水分でうるおしましょう。

B   氷を一個なめるのも工夫の一つです。

C   水分を摂りすぎて心不全や肺うっ血にならないように気をつけましょう。

体重や血圧をこまめに測って管理しましょう

暑いと水分の摂取量が増えてしまいますので、体重をこまめに測定しましょう。また、汗をかくと血圧が下がることがあります。毎日欠かさず血圧を測定し、記録しましょう。

屋外だけではなく

室内の温度は適温かどうかチェックしましょう。

室内にいても、エアコンや扇風機を使って室内の温度を適度に下げましょう。「設定温度28度以下、湿度60%以下」が適温とされています。猛暑では過度な節電は控えて、我慢せず空調機器を使うことも大切です。

屋外の運動や炎天下での

活動は避けましょう

透析患者さんは体温調整が難しくなっている方が多くみられます。気温が上がった屋外に長時間いるのは危険です。

@   暑い中、屋外で運動や活動をするのは避けましょう。

A   屋外の運動は早朝・夜間などの涼しい時間に行うか、運動は室内で行うようにします。

B   帽子をかぶる、日傘を差す、日陰に入るなどの工夫を忘れずに。

快適な服装を心掛けましょう


身につける衣類は、綿や麻などの通気性のよい生地のものを、下着は吸収性・速乾性の優れた素材のものを選びましょう。長袖を着る時には生地が薄いものを選ぶなど、薄着にして熱がこもらない工夫をしましょう。

冷却グッズを活用しましょう

脇の下や首回り、太ももの内側を冷やすと体温がさがりやすくなります体を冷やすのに使う冷却シートや氷枕を活用する、ぬれたタオルを首に巻く、冷たいペットボトルを当てるなどの方法があります。いろいろな冷却グッズも市販されていますので、自分にあったものを試してみるのもいいですね。うちわや扇子なども役立ちます。

シャント管理に気を付けましょう

夏は空調で冷房が効きすぎていることもあります。シャントカバー等でシャント部分を保護しましょう。冷やしすぎると、動脈血管が縮み血液の流れが悪くなりシャントが詰まってしまうことがあります。

posted by じんたろう at 17:16| Comment(0) | 心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: