2015年03月09日

災害が起こった時の対策

今回は、災害(地震)が起こった時の病院での対応と、患者さんご自身で行っていただく対応をお伝えします。

「透析中の地震の場合」
地震の揺れは長くて1分間程です。むやみに動いて怪我をしない様にして下さい。
ベット上に横になっている場合は、血液回路をしっかり握ります。
オーバーテーブルを足もとまで移動し、次に布団を頭元までおおい、落下予防をします。
※血液回路内の血液を回収する時間的余裕のない場合※
A.血液回路から緊急に離脱します。穿刺針を抜いて、圧迫止血用のバンドを巻きつけて脱出します。
方法は以下の通りです。(通常の方法です)
1)血液ポンプを停止しますshunt2.png
2)動脈側(赤色)・静脈側(青色)の回路を遮断します
(大きな、洗濯ばさみみたいなもので、透析機械側と患者様側にクリップが二つついています)
3)テープをはがします
4)動脈側(赤色)の針を抜き止血バンドを巻きます
5)静脈側(青色)の針を抜き止血バンドを巻きます
6)血圧の変動のある方は起き上がり時に転倒に気をつけてください


B.スタッフの誘導に従って避難場所へ移動します。(院内の駐車場へ)
エレベーターは緊急停止するので、階段を使用します。
車椅子が必要な方はスタッフが介助したり担架にて移動します。気分の悪い方や血圧低下が心配な方は無理せずスタッフまで申し出てください。

「地震が透析以外の日に生じた場合」tuuwa.png
@透析施設(ネフロクリニック)に電話連絡をとります。
災害時は一般家庭の据え置き電話や携帯電話よりも公衆電話を使った方が通じやすいです。あらかじめ近所の公衆電話の場所を確認しておいて下さい。
A電話がつながったら、施設の透析スタッフから具体的な指示を受けます。
災害の程度によっては、即答できない場合があります。
Bネフロクリニックが壊滅状態で情報提供が出来ない場合は自分の力で別の透析施設を探しださなければなりません。
透析施設を探すのは電話帳からでもOKですが、保健所や各都道府県の腎協に問い合わせて、それぞれの都道府県の透析施設の情報を得ることが出来ます。
日本透析医会は、過去の大震災の経験を教訓として支援の広域化を目指し「災害情報ネットワーク」の整備を行ない、支援の中核を担えるようになっています。
Cネフロクリニックは、福岡県透析医会に登録しているので日本透析医会の災害ネットワークを利用して、福岡県内・外での透析病院の紹介先のネットワークが出来るようになっています。

earth.png阪神・淡路際震災の時、中4日以上空いてようやく透析を受けられた人が全体の1割にも達しました。大災害が発生したら、透析を1週間近く受けられない最悪の可能性も想定しておかなければなりません。透析を受けられない間、食事管理を普段よりかなり厳しくしなければなりません。








災害時の食事管理のポイントnurse4.png
@できるだけカリウムを抑えます
→口の周りがしびれる、手足に力が入らずがくがくするなどの症状が現れた場合はすぐに透析しなければ心臓が止まる状態ですので出来るだけ早く透析可能な施設へむかわなければいけません。
A塩分を少なくします
B水分を減らします
C蛋白質を適度にとります
Dカロリーを適度にとります
@〜Bは通常の半分から3分の2に制限しましょう。

→支給されたお弁当などの、佃煮・漬け物・塩分の多そうなものはやめて、ご飯、パン、ビスケット等は出来るだけ食べましょう。
→このような状況下でも【食事と水分】を上手に管理すれば、数日間は日常生活を続けることが出来ます。

K_Na_HP.png


非常持ち出し品のリスト(普段からまとめておく必要があります)
 
・身体障害者手帳(コピー)  ・保険証(コピー)   
・透析条件カード(コピー)  ・預金通帳(コピー)          
・ラジオ           ・懐中電灯      ・ラップ
・非常食品          ・手袋        ・タオル
・現金            ・飲料水        
・救急薬品

→いつも手の届く範囲の場所に、定期処方薬を置いておきます。tsukushi2.png
2月に新しい透析条件カードをお渡ししました。まだ、受け取ってない方や紛失した方は再発行しますので事務局までお申し出ください。
透析条件カードは常に保険証と一緒に保管しておきましょう。
posted by じんたろう at 23:00| Comment(0) | 災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: