2019年09月06日

透析患者さんと運動

ウォーキング.png最近、透析患者さんで運動をしている方が元気だという報告があります。透析患者さんは日常的な運動を控えがちで筋肉量も減り運動不足になっている方が少なくありません。そのため体力が低下し血圧や心拍数が安定せず十な透析が行えず、食欲不振から低栄養になる可能性があります。

でも・・・体力は適切な運動・栄養・十分な透析で回復する事が出来るのです。





運動の効果

○最大酸素量の増加(身体全体に酸素が行き渡りやすくなる)体操.png

○貧血の改善

○高血圧や心疾患などの生活習慣病の改善              

○透析中の低血圧予防

○栄養障害の改善

○睡眠の質の改善

○便通の改善

○ストレス解消

○死亡率の低下など

運動を行うことでエネルギー消費が増え筋肉量の増加につながりますが、食事摂取量が少なくエネルギー不足になると痩せて筋肉もつきません。

食事摂取と運動のバランスが大切です。炭水化物.png

エネルギーになる炭水化物、《ご飯やパン餅》と身体をつくるたんぱく質(肉、魚、卵、大豆製品)は過不足なく摂りましょう! 但し、糖尿病がある方はご相談ください。





〜運動の種類〜

大きく分けてレジスタンス運動(筋力トレーニング)と有酸素運動の2種類があります。

両方を組み合わせて行いましょう。

★レジスタンス運動 : 抵抗をかけた状態で行う運動、筋力強化の目的の運動筋トレ.png

頻度     週23回が目安

運動の強さ  続けて1015回行える「ややきつい」くらいの運動

       慣れてきたらセット数を増やしましょう。

運動の例   スクワット・ダンベル体操・ゴムバンドなど


★有酸素運動 : 比較的弱い力で長時間行える運動水泳.png

頻度     週35回が目安

運動の強さ  10分以上続けられる運動

       目標は1日合計20分以上としましょう。

運動の例   ウオーキング(早歩き)自転車こぎ、スイングなど



運動する上での注意

これまで運動習慣のない人がいきなり運動を始めてしまうと心臓、筋肉などに対する負担が強くなってしまいます。

心配な方は医師と相談し運動の頻度や強さ、時間を決めて行って行きましょうバイク.png

posted by じんたろう at 11:56| Comment(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする