2019年04月15日

物忘れと認知症

もしかして・・・?

物忘れと認知症の見分け方

シニア世代の人ならば誰しも敏感なテーマとなっています。

最近物忘れがひどく、もしかして自分は、認知症では?と疑心暗鬼になる方もいるのではないでしょうか?

ひとは、年をとるとあらゆる機能に衰えが見えるようになります。動作の一つひとつが遅くなったり、人の名前が思い出せなくなったり・・・

一連の症状が年齢相応なのか認知症を発症しているのか、認知症であれば、そのまま放置しておくと徘徊や暴力、暴言発展する恐れがあります。厚生労働省によると認知症有病者数約462万人と推計(平成24年度)され、65歳以上の高齢者のうちMCIと呼ばれる認知症予備軍(正常と認知症の中間の状態)は400万人いると言われています。65歳以上の高齢者のうち4人に一人が認知症予備軍に該当する計算になります。認知症予備軍のすべての人が認知症になるわけではありませんが、軽度認知障害を放置しておくと、将来的に症状が悪化する可能性が非常に高く、早期発見し適切な処置をすることで認知症の発症を遅らせることが可能です。

認知症.png

こんな場合は要注意!!!

*同じ事を何度も繰り返し言う物忘れ.png

*食事したことを忘れる

*感情の起伏が激しくなる

*外出しても自力で帰宅できない

*部屋を散らかす

代用的な認知症の種類

*アルツハイマー型認知症→初期症状は、物忘れ、同じことを何度も繰り返す

*レビー小体型認知症→男性に多く幻覚や体の硬直が始まり、動作が遅くなります。

*脳血管性認知症→脳梗塞やくも膜下出血など脳血管障害によって起こる認知症

*前頭側頭型認知症→主に人格を司る前頭葉と側頭葉が萎縮し、怒りっぽくなる。

若年型認知症

少しでも疑わしい場合は、早期の受診を!

認知症の診断には、一般的に「長谷川式認知症スケール」が用いられます。出来れば、70歳以上の方は、定期的に検査することをおすすめします。この検査で少しでも疑いがあれば、専門医を受診しましょう。

posted by じんたろう at 00:00| Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする