2019年04月13日

外食の工夫

外食や弁当ではどうしても塩分・カリウム・リンの摂取量が多くなってしまいます。

今回は摂取量を少なくする工夫をお話しします。

外食時に塩分摂取量を少なくする工夫

注文時の工夫:「薄味にして下さい」や「こしょうのみで焼いて下さい」など味付けもオーダーしましょう。頼むと対応してくれるお店もあります。

味の加減や材料がわかるメニューを頼みましょう。ドレッシングやマヨネーズが付く場合は、注文時に別の器に入れるように頼めば自分で調整することが来ます。外食する時は家庭では一切食塩を使わないなど計画的に食塩管理を行い減塩しましょう。

menu.png

メニューごとの工夫:自分で塩分の加減ができるメニューを選びましょう。

丼ぶり物はすでに調理されており自分では塩分管理が出来ません。丼ぶり物より定食を選びましょう。漬物やみそ汁を残すだけでも食塩摂取量が23g程度抑えることが出来ます。鍋物は塩分摂取量が多くなるので要注意です。麺類の汁は残すようにしましょう。 

定食など.png

外食時にカリウム摂取量を少なくする工夫

野菜・フルーツは控えめにしましょう。

肉類・魚類はカリウムが豊富です。ステーキなどの肉類や刺身などの魚類でタンパク質の摂取が多くなる場合は、同時にカリウムの摂取も多くなるので注意しましょう。

サラダたち.png

外食時にリン摂取量を少なくする工夫

タンパク質が多いメニューには注意しましょう。主菜となる肉類、魚類や卵、豆腐などのタンパク質、すなわち「おかず」が多いとリン摂取量が多くなります。おかずの多いメニューには注意が必要です。

リン吸着薬は必ず医師の指示通りに、飲み忘れのないように飲みましょう。

食品の栄養成分表を上手に活用する

100gあたりや1個、1包あたりの熱量(エネルギー)、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量)が表記されています。

弁当2.png






1番最初に並んでいる材料ほど多く含まれている食べ物です。リンの多いものを見抜けます。









弁当1.png









1日のとってよい塩分が見えます。

食塩6.0g以下(1日)





外食や弁当を我慢するのではなく、工夫をして楽しみましょう!

 残す勇気を持ちましょう!

1回の食事だけに注目せずに1日の摂取量が守れたらいいのです!

 (塩分:6g  リン:700〜1100r  カリウム:2000mg) 

正しく食事を摂取しましょう

教訓.png

posted by じんたろう at 16:55| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする