2019年05月14日

血圧低下時の対処について

★血圧低下の原因★

透析時:除水が進むと体液量(循環血液量)が減少し血圧低下が起こりやすくなります。さらに過剰な除水を一度に行うことも心臓への負担となります。

さらに痩せたり太ったりしてドライウェイトが適切でないと除水しすぎてしまうことがあるため血圧が急激に低下します。またダイアライザーを変更することでも血圧低下がみられることがあります。

その他:高齢者や糖尿病がある方、心機能が低下している方、低栄養状態の方などにもよく出現します。

    アルコール摂取・入浴時や入浴後なども起こりやすいため注意してください。

☆症状☆

初期症状・・・欠神(あくび)、動悸、吐き気、倦怠感、冷や汗、便意や尿意などが出現します。

※透析中このような症状が出現したらすぐにスタッフへお伝えください。

重篤な場合にはショックが起こり生命にかかわってきます。

予防

@透析間の塩分水分を控え透析中の総除水の量を少なくすることが大切です。目安としては 1日空きでは体重(ドライウェイト)の3% 2日空きでは5%までです。

(具体的な体重はスタッフにお尋ねください。)

A自宅で一日一回は体重測定を行い体重変化を把握してください。

B透析時間をできるだけ長く確保し除水スピードにゆとりを持たせゆっくり引いていきます。

C血圧低下が続くようであればドライウェイトが適正なのかスタッフと一緒に検討していきましょう。

D透析前に血圧低下予防のため昇圧剤(アメジニウム・エホチールなど)投与の検討をしましょう。

相談.png

💉自宅での血圧低下時の対応💉

  • 昇圧剤(アメジニウム・ドプス・メトリジン)がある方は内服する。
  • ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクを100ml〜200ml 程度摂取し水分・電解質を補う。
  • 体を横にして布団などを丸めて足の下に置き、足を心臓よりも高くし安静にする。

それでも改善しなければ、かかりつけの病院に連絡してください。

※屋外などで急な立ちくらみやふらつきを感じた際は意識消失・転倒の恐れがあるためすぐにその場で座り、症状が落ち着くまで立ち上がらず休んでください。立ち上がる際はゆっくり無理をしないようにしましょう。                

posted by じんたろう at 16:26| Comment(0) | 塩分・水分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

物忘れと認知症

もしかして・・・?

物忘れと認知症の見分け方

シニア世代の人ならば誰しも敏感なテーマとなっています。

最近物忘れがひどく、もしかして自分は、認知症では?と疑心暗鬼になる方もいるのではないでしょうか?

ひとは、年をとるとあらゆる機能に衰えが見えるようになります。動作の一つひとつが遅くなったり、人の名前が思い出せなくなったり・・・

一連の症状が年齢相応なのか認知症を発症しているのか、認知症であれば、そのまま放置しておくと徘徊や暴力、暴言発展する恐れがあります。厚生労働省によると認知症有病者数約462万人と推計(平成24年度)され、65歳以上の高齢者のうちMCIと呼ばれる認知症予備軍(正常と認知症の中間の状態)は400万人いると言われています。65歳以上の高齢者のうち4人に一人が認知症予備軍に該当する計算になります。認知症予備軍のすべての人が認知症になるわけではありませんが、軽度認知障害を放置しておくと、将来的に症状が悪化する可能性が非常に高く、早期発見し適切な処置をすることで認知症の発症を遅らせることが可能です。

認知症.png

こんな場合は要注意!!!

*同じ事を何度も繰り返し言う物忘れ.png

*食事したことを忘れる

*感情の起伏が激しくなる

*外出しても自力で帰宅できない

*部屋を散らかす

代用的な認知症の種類

*アルツハイマー型認知症→初期症状は、物忘れ、同じことを何度も繰り返す

*レビー小体型認知症→男性に多く幻覚や体の硬直が始まり、動作が遅くなります。

*脳血管性認知症→脳梗塞やくも膜下出血など脳血管障害によって起こる認知症

*前頭側頭型認知症→主に人格を司る前頭葉と側頭葉が萎縮し、怒りっぽくなる。

若年型認知症

少しでも疑わしい場合は、早期の受診を!

認知症の診断には、一般的に「長谷川式認知症スケール」が用いられます。出来れば、70歳以上の方は、定期的に検査することをおすすめします。この検査で少しでも疑いがあれば、専門医を受診しましょう。

posted by じんたろう at 00:00| Comment(0) | 合併症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

外食の工夫

外食や弁当ではどうしても塩分・カリウム・リンの摂取量が多くなってしまいます。

今回は摂取量を少なくする工夫をお話しします。

外食時に塩分摂取量を少なくする工夫

注文時の工夫:「薄味にして下さい」や「こしょうのみで焼いて下さい」など味付けもオーダーしましょう。頼むと対応してくれるお店もあります。

味の加減や材料がわかるメニューを頼みましょう。ドレッシングやマヨネーズが付く場合は、注文時に別の器に入れるように頼めば自分で調整することが来ます。外食する時は家庭では一切食塩を使わないなど計画的に食塩管理を行い減塩しましょう。

menu.png

メニューごとの工夫:自分で塩分の加減ができるメニューを選びましょう。

丼ぶり物はすでに調理されており自分では塩分管理が出来ません。丼ぶり物より定食を選びましょう。漬物やみそ汁を残すだけでも食塩摂取量が23g程度抑えることが出来ます。鍋物は塩分摂取量が多くなるので要注意です。麺類の汁は残すようにしましょう。 

定食など.png

外食時にカリウム摂取量を少なくする工夫

野菜・フルーツは控えめにしましょう。

肉類・魚類はカリウムが豊富です。ステーキなどの肉類や刺身などの魚類でタンパク質の摂取が多くなる場合は、同時にカリウムの摂取も多くなるので注意しましょう。

サラダたち.png

外食時にリン摂取量を少なくする工夫

タンパク質が多いメニューには注意しましょう。主菜となる肉類、魚類や卵、豆腐などのタンパク質、すなわち「おかず」が多いとリン摂取量が多くなります。おかずの多いメニューには注意が必要です。

リン吸着薬は必ず医師の指示通りに、飲み忘れのないように飲みましょう。

食品の栄養成分表を上手に活用する

100gあたりや1個、1包あたりの熱量(エネルギー)、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量)が表記されています。

弁当2.png






1番最初に並んでいる材料ほど多く含まれている食べ物です。リンの多いものを見抜けます。









弁当1.png









1日のとってよい塩分が見えます。

食塩6.0g以下(1日)





外食や弁当を我慢するのではなく、工夫をして楽しみましょう!

 残す勇気を持ちましょう!

1回の食事だけに注目せずに1日の摂取量が守れたらいいのです!

 (塩分:6g  リン:700〜1100r  カリウム:2000mg) 

正しく食事を摂取しましょう

教訓.png

posted by じんたろう at 16:55| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする